夜泣き対策、ここに書かれているような一般的な方法は皆さんもうご存じだと思います。一般的な方法といえどいくつかあるのですが、それでも効果がない場合、しかも終わりの見えない戦い(いつまで続くのか)・・・正直ものすごく辛いですよね。でも赤ちゃんの成長過程の1つだから仕方ない、と諦めるしか手はないのでしょうか?実は最近は夜泣き対策のマニュアルなども売られているのです。

様々な夜泣き対策本(書籍)
夜泣きのマニュアル本は昔から書店で売られています。それは夜泣きがいつの時代もあったからでしょう。評価が高かった夜泣き対策本の1つに『赤ちゃんがスヤスヤねんねする魔法の習慣』という本があります。外国の著書を翻訳したものです。(ちなみに夜泣き対策の書籍は外国の物が多いなと感じました)他にも『赤ちゃんがピタリ泣き止む魔法のスイッチ』など何種類かの本がありますが、(この本は生後何ヶ月~何ヶ月まで)など決まっている事もあるようで、そういった点を注意しながら購入すると良いと思います。ちなみに書籍の内容としては、夜泣きしてしまった場合や、夜泣きしないような予防法以外に、睡眠のシステムなど、基本的な子供の睡眠について学ぶ事ができるものが多いようです。夜泣きの意味がわからない頃は『また始まった・・・』と、ただイライラしていただけですが、夜泣きの仕組みがわかれば少しは心にゆとりができるかもしれませんね。

インターネットで購入
今はインターネット上で電子書籍として売っているものも少なくありません。正直そういったものは実際手に取って確認できるわけではないので不安という方も多いかもしれませんが、目的がハッキリしていることから、多くの方が利用しているので、試してみるのも良いでしょう。