夜泣きの時に、抱っこや歌、様々な方法を使っても泣きやまなかった時、本当の最終手段とは、私はこれだと思います。我が家の場合は8割方成功した方法です。それは赤ちゃんを起こしてしまうという方法です。

夜泣きしている時の状態
まず、夜泣きしている時というのは、赤ちゃんや子供は半分寝ぼけている状態といえます。眠たいのにグッスリ寝られない、本人も覚醒と睡眠の間をどうしようもなく彷徨っている状態なのです。その状態ですからママの声や歌や音が聞こえず、泣きやまない時も多くあります。起きている状態で泣いている時とは全く別物だと認識してあげる事が大切です。

どうやって起こすか?
そんな寝ぼけて泣いている赤ちゃんや子供を明るい部屋に連れていってみてください。それだけでも泣き止み、起きてくれる子がいます。(ちなみに我が屋の子供は暗い部屋で起こそうとしても余計に泣いてしまい、全く起きませんでした。)明るい部屋で声をかけても起きない場合、少しだけお気に入りのおもちゃなどを渡してみても良いでしょう。とりあえず子供の気を引き、目覚めさせてあげる事が重要です。

起こした後は?
起こして赤ちゃんが落ち着いたら、ゆっくり寝かしつけにかかりましょう。その前に温かい飲み物を少し飲ませてあげるのも良いかもしれませんね。ちなみに完全に覚醒してからでないと、暗いところへ連れていくだけでまた泣きだす子もいます。子供の様子を見ながら再度寝かしつけるようにして下さい。