トイレトレーニングを始める時期はその子によって様々です。しかし別項目でも書いた『トイレトレーニングOKのサイン』を満たす時期は2歳の時が一番多いように感じます。その為、2歳からトイレトレーニングを始める子供が一番多いのではないでしょうか?

2歳児のトイレトレーニングのメリット
今はオムツがはずれる時期が昔よりも遅くなっている傾向があり、幼稚園に入園するまでに取れれば良いかなという考えが浸透しています。それでも2歳くらいの時期には言葉も喋るようになりますし、トイレにも興味を持ち始める子が多いですから、お母さんは『よし!トイレトレーニングを始めてみよう!』と挑戦してみるでしょう。この時期にオムツを卒業できると、何より経済的にもとても助かりますし、荷物も減ります。私もどれだけ『オムツとお尻拭きさえなければバッグが軽くなるのになあ』と思った事でしょう。それに子供がいない人や、祖母世代の人たちに『あの子緒喋りはあんなに上手なのにまだオムツしてる・・・』と思われる事もありません。子供のやる気と親の気持ちが合えば、2歳でもすんなりオムツを卒業する事ができます。

2歳児のトイレトレーニングのデメリット
2歳でトイレトレーニングを始めるにあたって、私自身も悩んだのが『完璧に言葉が通じていない』という事です。完全に意思疎通ができる状態とできない状態では、物事を教えるのに大きな差が出ます。もちろん2歳でもお喋り上手でほぼ完ぺきに意思疎通ができている子もいますが、まだ言葉もおぼろげな子だっています。恐らく言葉がしっかりわかるようになってからの方がトイレトレの期間は短く済むと思います。そしてまだ膀胱やホルモン分泌が未発達の為、失敗する事も多いと思いでしょう。