トイレトレーニング、24時間毎日家の中にいるのであればそこまで大変な事はないのですが、やはり外出は誰でもしますよね。外出先でのトイレトレーニングって、実はちょっと大変なんです。

子供が行きたいと行ったら行かせてあげる事
我が家が直面した問題の1つに、おしっこ、ウンチが出ないのに『おしっこ、出る』と言うようになった事です。恐らく外出先で自分がつまらない状態になった時に言っていたようで、そうすれば別の場所に連れていってくれる、親が自分の相手をしてくれると思っていたみたいです。いざトイレの個室に入ってパンツをおろそうとしたら『出ない!出ない!イヤ!』と言いだして・・・というのが何度も続き、正直外出先で『おしっこ、出る』と言われてももう連れて行きたくなくなりました。しかし10回に1回くらいはちゃんと出る事もありました。だからそういった状況でも『どうせ出ない!』と思い込まずに、大変だとは思いますができる限りトイレへ連れて行ってあげるようにしてください。

補助便座の有無
家では補助便座を使用してトイレトレーニングをしている子が多いと思います。しかし外出先で補助便座はある事の方が少ないでしょう。そういった時は親が脇の下など子供を支えて便器に座らせると思うのですが、慣れていないので嫌がる子供もいるでしょう。(我が家もそうでした)そういう場合は携帯用の補助便座を持ち歩くのも良いと思います。正直使用するのは一時的なものですが、子供が外出先でのトイレを嫌いにならない為にも安心してトイレに座れる事は大切なのです。

和式の練習
今は洋式のトイレがほとんどですが、場所によってはほとんどが和式トイレの場合もあります。洋式トイレしか見た事のない子供は驚きますし、用を足すのを嫌がる子供もいるでしょう。しかし洋式でしかできないようでは小学校へ入学した時に困ってしまいます。洋式、和式、どちらもできるように慣れさせてあげる事も大切です。