昼間は完ぺきにオムツが取れ、パンツで生活できるようになってきたからといって、おねしょもしなくなるわけではありません。おねしょというのはちゃんと理由があるのです。

おねしょの主な原因
トイレトレーニングを始めると、子供は『オシッコ、ウンチはトイレでするものなんだ』と学びます。昼間にしっかりトイレで用を足す事ができていれば、トイレトレーニングは完了となります。しかしまだ問題が残っています。それは【おねしょ】です。おねしょというのは何も子供が自分の意思でオシッコを漏らしているわけではありません。小さな子供(大体5~6歳まで)はまだホルモン分泌も安定しておらず、膀胱の容量も小さい為、寝ている間にオシッコが出てしまう場合があるのです。布団にオシッコをされるのは本当に辛いものがあります、だから叱りたくなる気持ちもわかります。でも子供はやろうと思ってやっているわけではないのです。絶対に叱ってはいけません。

おねしょの外的要因
他にもおねしょの原因はあります。心理的要因も少なからずあるのです。例えば日中にストレスを受けている場合、(親の喧嘩、親に怒られた、何か気に入らない事があった)おねしょに対してのプレッシャーなどもそうでしょう。生活リズムの乱れも関係しています。身体的要因を疑う前に、まずは子供の日常生活を見直す事が大切です。

オムツがはずれたからといって・・・
オムツがはずれたからといって、おねしょもなくなるだろうという考えは捨ててください。例えば2歳、3歳でオムツがはずれたとしても、5歳、6歳までおねしょが続く場合があります。私の親戚の子供も今小学校1年生ですが、頻繁におねしょをしています。トイレトレーニングとおねしょは全く別物と考えておくのが良いでしょう。