男の子ママさんたちのちょっとした悩みとなっているのが『オシッコが漏れてしまう』ことです。

 これは産まれてすぐ、生後1ヶ月くらいでもあることで、女の子にはない特有の悩み、それはおちんちんの向きに原因があります。
 
 
・オムツの中のおちんちん
 
・おちんちんは下向きに!
 
・6ヶ月までにムキムキ体操

オムツの中のおちんちん

オシッコが漏れてしまう理由は主に2つあります。まずはオムツのサイズが合っていない事。しかしこれなら女の子でもありますよね、吸収体が足らなくて漏れてしまったり、ももの付け根がユルユルで隙間から漏れてしまったり等々・・・。これはオムツのサイズを改善すれば直る事です。

そして、もう1つの理由は『おちんちんの向き』なのです。オムツの中のおちんちんの向きによって、出たおしっこがオムツの吸収体ではなく、ももの付け根やお腹側、脇腹方面へと飛び、漏れてしまうことがあるのです。つまり、おちんちんの向きはオシッコが漏れる大きな原因となっているのです。

 ちなみに男の子の場合はオムツが緩いとおちんちんのまわりに空洞ができ、おちんちんが固定されず、漏れてしまう事もあるようです。一概に漏れるからといってオムツが小さいわけではないという事を覚えておくと良いと思います。吸収体の部分が濡れているかいないか等もチェックすると良いでしょう。

おちんちんの向きを直す

おちんちんは下向きに

 おしっこの漏れを減らすためには、おちんちんの向きをオムツの中でしっかりと定めておくということです。おちんちんはしっかりと下に向けてオムツをはかせるようにしましょう。

 しかし、おちんちんにはそれぞれ癖があり、上向き、右向き、左向きなどがあるので、特徴に合わせて、あらかじめ反対に向けることなども必要かもしれません。オムツの中では、おちんちんが、できるだけまっすぐ下を向くようにしっかりセットする事が大切です。オムツのサイズチェックもしっかりと。

ムキムキ体操は、2ヶ月から6ヶ月の間に始めるのが理想

 赤ちゃんのカワイイおちんちん、まだまだ、あれこれ、おちんちんの心配をするのは早いと思ってしまうのですが、保健所や病院でも指導しているムキムキ体操は、生後2ヶ月から半年の間に始めるのが良いと言われています。

 成長するにつれて、おちんちんは自然にむけてくるので心配は不要とも言えますが、何割かの子供は思春期になってもむけない真性包茎となり、ひとりで悩んでしまうことが多いようです。そこで、小さなころにおちんちんをむけるようにしておくことで、将来、真性包茎になる可能性を大幅に減らすことが出来ます。