男の子ママさんの悩みとして密かに多いのが『子供がおちんちんを触る』という事。でもなんだか周りのママさんにも聞きづらくて、ついつい子供を叱ってしまっているという方も少なくないのではないでしょうか?男の子のおちんちんを触る行動にはどんな理由があるのでしょうか?また、どのように対処すれば良いのでしょうか?


おちんちんを触る理由
まずおちんちんを触る理由ですが、これには諸説あります。私たちは男の人にはおちんちんがあるというのは至って普通の事ですが、子供にとっては自分の身体についている『何か』です。初めてそれを認識するわけですから『なんだろう?』と思うのは当然ですよね。だから触ってみるのも当然です。興味本位から触っているという事です。もう1つの説として、おちんちんは固定されているものではなく自由にプラプラしているものですよね?耳たぶなんかもちょっと似ていませんか?だから耳たぶを触る子供も多いですよね。フニフニしているものを触る=安心感につながるというわけなのです。

どのような対処をすべきか?
まず自分のおちんちんの存在を知って触り出す時期、1歳~3歳くらいの場合でおちんちんの存在に気づいて触り始めた辺りは、成長段階によくある『おちんちんいじり』という事であまり気にしないようにして下さい。指しゃぶりと同じようなものです。しかし汚い手などで触って炎症を起こす事もなきにしもあらずですから、気になる場合、長く続く場合は『バイ菌が入って痛い痛いになっちゃうよぉ~』と、怖がらせてあげるという手もあるようです。大人が性的なイメージを持って叱ったりするのは禁物です。また、精神的に不安、淋しい等の場合に触る事もあるようですから、子供の生活の見直しも必要だと思います。

自慰行為としての場合
おちんちんへの興味や精神安定の為以外に、気持ち良いからという理由で触る子もいます。『こんなに小さな子供なのに・・・』とショックな気持ちになるかもしれませんが、人間の成長段階においては至って普通な事であり、異常ではありません。大人としてはなんとなく嫌な印象を受け『やめなさい!』と叱ってしまう事があるかもしれませんが、時が来れば人前ではしないようになりますし、恥ずかしい事なんだなとわかります。どうしても気になる場合は先程も書いたようにちょっと怖がらせてあげる(バイ菌が入っちゃうからね等)というのも良いかと思います。そして暇な時に行うケースが多いですから、一緒に遊んであげるなどして気をそらすのが良い手だと思います。