子供のおちんちんの病気で多く見られるのがこの亀頭包皮炎です。男の子を持つママさんであれば是非知っておきたい病気の1つだと思います。症状や原因、対処法などをまとめてみました。


亀頭包皮炎の症状
症状は見た目にもわかりやすいです。おちんちんの先、亀頭部分が赤く腫れあがるのが特徴です。ひどくなると排尿時に痛みを伴ったり、黄色い膿が出てきたります。

原因
赤ちゃん、幼児は包茎である事がほとんどで、それが正常です。しかしその為、おちんちんと皮の間に隙間ができ、バイ菌が入りこみやすいのです。そのバイ菌や垢によって炎症が起きるのが亀頭包皮炎です。また、汚れた手などでおちんちんを触って発症する場合もあります。

治療法
軽度の場合はよく洗うだけで改善する場合もあります。病院を受診した場合は、外用薬だけで治る場合もありますが、炎症を起こしているので抗生物質を服用する場合もあります。

もし、おちんちんが腫れてしまったら
あまりに何度もなる場合は、包茎が原因である場合もあるので、包茎に対して何らかの処置が必要な場合もあります。そうでない場合は清潔を心がけるようにしてください。

おちんちんを洗って清潔にしてあげるのですが、出来ればおちんちんの皮を剥いて洗えるとベストです。だた、この時、全て剥いて洗う必要はありません。少し皮を下に引っ張る感じで洗うだけで症状が改善する場合もあります。それも痛がるような場合は皮を剥かずによく洗うというのでも良いと思います。

また、おちんちんをむやみに触らせないというのも大切です。乳児、幼児の時期は興味本位からおちんちんを触る事も多いと思います。汚れた手で触った事が原因で発症する事も少なくありません。