子供にとって大切な『勉強』。しかし親に言われてやっているようでは正直勉強した事もなかなか頭に入りません。入りませんし記憶に残りません。本当の『勉強』は、子供が自発的に行う事が必要なのです。

親の干渉
まず、親が口うるさく『勉強しなさい』『勉強はしたの?』などと干渉しすぎると、子供は自由をなくしてしまいます。子供が自発的に勉強を始めるにはまず自立が必要です。自分で道を選んで自分で進む事です。自分自身で見つける事でやる気も起こります。ですから親の干渉は一番良くないとも言えます。親御さんは子供を上から見るのではなく、陰からサポートする役目を担って下さい。

勉強は楽しい事だと教えてあげる
自発的な勉強を促す為にも、まずは『勉強は楽しい事』だと教えてあげる必要があります。もちろん口で言って子供がそれを納得できるわけはありませんから、親御さんご自身が勉強を楽しんでしているところを見せてあげてください。どんな事でも口で説明するより実際にやって見せた方がわかりやすいですよね?事実、両親共に勉強嫌いの家庭では、自発的に勉強を始める子供はなかなか少ないそうです。自発的に始めた勉強が成績に反映されれば子供のやる気はさらにアップするでしょう。

家族の関係を見直す
そして家族の関係を少し見直してみてください。子供との信頼関係は築けていますか?家族仲は悪くありませんか?子供は本当に小さな事でも気づきます。家庭の中に不穏な空気が流れていれば、自発的に勉強する事もほぼないでしょう。素敵な家族を築く事も、子供の勉強につながるのです。