小学校から中学校へ、新しい生活環境になり、新しい友達も増え、子供の視野も広がります。楽しい事やいろいろな誘惑も増えますから、この時期から勉強がおろそかになってしまう子供も残念ながらいます。

小学校高学年と同様に
この時期はまさに思春期真っ只中、反抗期真っ只中でしょう。この時期こそ『勉強させる』というのは逆効果です。干渉は禁物の時期なのです。親が『勉強』という単語を出すだけで怒る子供もいるでしょう。しかし腫れものを触るように接する必要はありません。勉強の話がしたいのであれば、随分と先の話をすると良いでしょう。将来の夢の話です。『●●、最近勉強はどうなの?』と言われるより『将来●●はどんな仕事に就くんだろうね?何が気になる?』と言われる方がまだ良いと思います。そこから話し始めても、絶対に『じゃあ勉強しなくちゃね』という言葉を親御さんが発してはいけません。『結局それか・・・』と思われるだけです。子供が話す事を聞く程度にとどめましょう。子供は話しながら自分でいろいろな事に気づきます。

行きたい高校
中学生になると、小学校の頃には頭になかった『高校』という文字が頭に浮かぶ事でしょう。これは親御さんでなく子供もです。友達との間で『どこの高校に行きたい?』なんて話す事もあるでしょう。行きたい高校は早くに見つけておく事が重要だと思います。(ちなみに私は行きたい高校を見つけるのがかなり遅く、全く間に合いませんでした。)行きたい高校が見つかれば、あとは波に乗るだけです。具体的な目標が決まるわけですから、勉強方法もおのずと見えてくるでしょうし、子供も自発的に勉強するでしょう。