高校生の勉強について、正直あまり書くことはありません。それほど『親が干渉をしない時期であるべき』という事なのです。

考えを尊重する
まず、高校生の子供に対し『勉強しなさい!』という親御さんはそうそういないと思いますが、高校生ともなれば半分大人ですから、そういった言葉は慎みましょう。『親に管理されている』という状態は反抗を招きかねません。そして、まだ将来の夢が決まっていない子もいるかもしれませんが、この時期になってから親と一緒にいろいろ出かけて興味を持つものを見つけさせるというのも難しい話です。(親と一緒に外出しなくなる子が多いですし)ですから、高校生のお子さんが≪今≫気になっている事を尊重してあげてください。どんな些細なものでも、何かしらあるはずです。親が嫌だなと思うものでも良いのです。それを尊重し、その為の勉強をすれば良いと教えてあげてください。この時期にアニメーターになりたいという子供を医者にするのはほぼ不可能でしょう。よほどその子供に強いインパクトを与える事ができれば別ですが。

勉強がしやすい環境を
これは高校生だけに限ったことではないですが、勉強がしやすい環境を作るのはこの時期でも大切です。子供が勉強をしている時に親はお菓子を食べてバラエティを見て・・・この状況を知りながらも勉強に集中できる子は逸材でしょう。人は人を羨ましく感じます。これは大人でも同じです。その事をふまえて、家庭の中も改善してあげて下さいね。