家庭教師の選び方、とても重要なポイントです。目的と合ってない家庭教師を利用しても意味がありません。ではどういった部分に注意して選ぶべきなのでしょうか?

家庭教師の学歴
家庭教師を探す際、つい家庭教師の通っている大学名や卒業大学の名前を見てしまいませんか?もちろん学力は大切です、しかしそれはあって当然、基本です。もっと細かく、例えば子供が行きたい学部と同じ学部に在学している(していた)家庭教師だと、より子供に合った勉強を教えてもらう事ができるでしょうし、具体的に勉強を進める事ができるでしょう。高校受験の場合は、子供の志望高校を卒業している家庭教師が良いでしょう。

家庭教師の人間性
家庭教師は頭が良いだけではいけません。子供に勉強を教える力がなくてはなりません。家庭教師を決める前に、実際に指導してくれる家庭教師による体験授業が必須です。合わないようであれば気兼ねせず交代してもらうようにしましょう。人間同士ですから合う合わないがあるのは当然です。指導が上手い上手くない人間がいるのも当たり前なのです。

経験
家庭教師の経験が浅い場合は、『指導する』という事にまだ慣れていない場合があります。学力だけでなく経験もしっかり見ておくと良いかもしれません。

しばらく様子を見る
体験授業でも良く、家庭教師を決めたとします、しかし子供に合った指導かどうかは時間が経たないとなかなか見極められないものでもあります。『決めたからもう良い』ではなく、しばらくの間は『見極め期間』だと思ってしっかり様子を見る事が大切です。