家庭教師をつける場合、家庭教師センターを経由する場合と、個人契約の2種類があります。この2つの方法、どちらが良いのか悩んでしまいますよね。お金の面、家庭教師の質の面、手続きの面・・・。大きな違いとして、個人契約だと家庭教師センターへの仲介手数料がありませんから、料金がかなりリーズナブルになりますが、それだけで個人契約と決めて良いのでしょうか?

個人契約のメリット
冒頭にも書いたように、家庭教師の個人契約は、家庭教師センターへの仲介手数料がないです。ですから金銭面でかなり抑える事ができます。毎月の事ですから、料金もとても大切です。それに個人契約であれば、悪質な家庭教師センターのシステムに引っかからないという部分もあります。高額な教材を売りつけて、あとはノータッチという恐ろしい家庭教師センターも事実存在しています。また、家庭教師センターですと、センターが希望に合った家庭教師を割り当ててくれるわけですが、個人契約であれば、こちらでしっかり家庭教師を選ぶ事ができるのです。

個人契約のデメリット
もちろんデメリットもあります。例えばメリットにあげた『自分で家庭教師を選ぶ事ができる』という点ですが、これはご自身で家庭教師の質をしっかりと見極める目が必要という事でもあります。それにいざ始めてみてから『んーやっぱり別の先生にしたいな・・・』と思っても、個人契約ですから本人に直接その事を伝えなくてはなりません。家庭教師センターを経由している場合は、センターへ申し出れば良いわけですから、その点家庭教師センターは楽だと思います。そしてもう1つ、トラブルがあった場合も全て直接やりとりで解決しなければならないという事も挙げられます。

どちらが良いか
このように個人契約について調べてみると、『個人契約は絶対ダメ』『個人契約の方が絶対に良い』とは一概に言えないなとわかりますね。例えば『何でもハッキリ言えるし自分の目でしっかり家庭教師を選定したい!』という方には個人契約がおすすめだと思いますが、『何かあっても言いたい事は言えないし、どんな家庭教師が良いかわからないな・・・』という方は家庭教師センターを経由した方が良いと思います。ご家庭に合った契約方法を利用すべきですね。