大学受験の中でも難関中の難関である医学部。国立の医学部ともなれば理数系だけでなく国語や社会などの教科も必要となってきます。とてつもなく高い偏差値が必要となるわけです。その為、医学部受験をするとなると、進学塾ではなく家庭教師を利用し、マンツーマンの濃い授業をする事をおすすめします。

どのような家庭教師が良いのか
医学部受験を考えているのであれば、普通の家庭教師ではいけません。今は医学部進学専門の家庭教師センターも多いですから、そういったところで情報収集する事も大切です。そして、プロの家庭教師と学生の家庭教師と悩んでしまいますよね。これは選ぶのが難しいところです。学生の家庭教師といってもそれは医学部に在学中の医学生である事が前提です。(希望の医学部であれば尚よし)試験内容や重点的に抑えておいた方が良いポイントなどを知っているからです。在学中という事であれば、近年の医学部進学に必要なポイントをしっかりと理解しているでしょうから、とても参考になると思います。また、もう1つはプロの家庭教師です。たくさんの生徒を医学部に合格させているプロの家庭教師を利用するのはとても有効な手段だと思います。プロという事でもちろん費用は少し上がると思いますが、安定した成績上昇が見込める事でしょう。

まとめ
あの有名な家庭教師のトライでも医学部受験コースがありますし、医学部受験専門の家庭教師センターも存在します。医学部受験専門の家庭教師派遣、又は家庭教師センターを利用するのは必須でしょう。そして、現役医大生の家庭教師ももちろんメリットが多くあるのですが、過去の実績を知る事ができるプロの家庭教師の方が安心感はあるかもしれませんね。