今、様々な理由から不登校の子供たちがとても増えています。内容はいろいろあり、病気になってしまった、授業についていけない、友達とうまくいかない、集団生活が苦手、先生が苦手などなど・・・。では不登校になった子供たちの勉強はどうするのでしょう?学校へ行っていないという事は、勉強を中断しているという事です。今はそれで良いかもしれません、しかし数年、何十年も先の事を考えてあげてください。勉強ってやっぱり必要なんです。でもどのような方法で勉強させてあげれば良いのかわかりませんよね?

不登校の子供には家庭教師
実は恥ずかしながら私もこのようなシステムがある事を最近知りました。不登校の子供専門の家庭教師です。不登校の場合は通信制の学校しかないと思っていたのでとても驚きました。不登校の理由はいろいろありますが、人間不信になっている子供も少なくないと思います。思春期であれば親からは何を言われてもダメだったり、学校の先生も信頼できない・・・そんな中でとても第三者的な立場である家庭教師がとても有効な場合があります。親にも話さない事を家庭教師には話したり、親の言う事はきかなくても家庭教師の言う事はきいたり。勉強を教えてくれるのはもちろんですが、メンタル面でも子供の支えになってくれる事があります。やはり学校の先生と違ってマンツーマンですから、『自分だけを見ていてくれる』というのが大きいポイントだと思います。それに家庭教師で有名なトライでは、センターに心理カウンセラーが所属しており、勉強だけでなくメンタル面のサポートも行ってくれるようです。保護者側としても相談しやすい環境だと思います。