IMG_0454
小学生でも高学年にもなると、自分用のスマートフォンを持つ子供をチラホラ見かけるようになります。

そして、「うちの子がスマフォを持ちたがっているんだけど・・・」という相談も増えてきます。

ネット犯罪に巻き込まれる心配や、個人情報の流出、セキュリティー面など問題があるのはもちろんですが、何よりも、月々5000円以上もの料金が発生するスマフォをそう簡単に子供に買い与えることは出来ないのが実情です。

子どもにスマフォを持たせるなんて、「お金持ちの家庭に違いない!」と思うのですが、実は100%そうとも限らないようです。

ドコモやAUやソフトバンクなどの携帯電話会社でスマフォを契約する場合、たとえ子ども用でも、月額5000円~8000円の高額な料金となります。しかし、最近、話題になっている格安SIMならば、月額1000円以内とか、さらに安いケースでは数百円で子どもにスマフォを持たせることが出来るのです。

格安SIMの場合は、スマフォの購入と回線の契約は別々に出来るので、親が新しいスマフォに買い替えて使わなくなった古いスマフォを子供に使わせて、その分の回線を1つ増やすということが手軽に出来ます。回線を増やすには、新たに回線を契約する方法のほか、追加SIMカードのオプションを利用して回線のみを現在の契約に追加することが出来るのです。

格安SIMでは、新たに回線を契約しても安いところでは月額1000円以内で収まります。さらに追加SIMカードならば月額数百円という超低価格で回線を追加することが出来ます。

私の知り合いの例では、使わなくなったiPhoneをBIGLOBEの格安SIMで利用して、に月額200円の追加で子どもにスマフォを使わせているそうです。⇒ 詳しくはこちらのサイト

スマフォは子供たちが楽しむだけでなく、親にとってもLINEでの連絡が便利だとか、子どもの現在位置がすぐにわかるなどのメリットもあるようです。